美味しい食べ方

りんごの豆知識

リンゴのいろいろな食べ方について

リンゴにはいろいろな食べ方があります。
そのまま食べることも多いものですが、できれば皮をむかずに食べたほうが栄養価は高くなります。
皮にはポリフェノールが含まれる上に抗酸化作用もあり、便秘の解消や老化防止になるでしょう。
リンゴは焼いても煮ても美味しいものです。
まるごとレモンと蜂蜜を加えてコトコト煮て食べたり、さらにジャムにしてトーストに付けたりヨーグルトに入れても良いでしょう。
そのほかにもアップルパイに使ったり、洋酒の入ったフルーツケーキの生地に混ぜ込むのも大人の味わいを楽しめます。
また風邪や夏バテで食欲がないときには、リンゴを摩り下ろして蜂蜜と混ぜれば食べやすいでしょう。
摩り下ろしたものは喉越しも良く消化も良いので体にも優しいのです。
そのほかにもミキサーにかけてアップルジュースにすれば、子供も大喜びです。
ドライフルーツにしたものを摂取すれば、日光を浴びたフルーツはより栄養価が高くなり、美容と健康に効果があるでしょう。

身近にあるリンゴの様々な食べ方とは

リンゴの食べ方はそれこそ人それぞれでしょう。
一般的にはそのまま皮をむいて、数等分に切ったものを新鮮なうちに頂くのが最も贅沢な食べ方です。
しかしそれは鮮度が高い新しい実に限ってのケースであり、また実の熟れ具合によって好き嫌いも分かれるのが、リンゴを食べる難しさでもあります。
例えばもぎたてで酸味が多く、甘酸っぱい味を好む人もいれば、ある程度熟して柔らかくなり、甘さが勝った状態を好む人もいる訳です。
これらはあくまで生で食す場合の好みであり、一度本格的に加工・調理してしまえば、その様な好き嫌いは殆ど無くなるでしょう。
リンゴの調理した食べ方は幾つも知られており、その中でも比較的頻度が高いのが、ジャムに加工したり、それをアップルパイの中身として利用したりするものです。
いずれも時間を掛けて甘く煮詰め、味を次第に濃縮させていきます。
ほのかな酸味に包まれた甘さと、素材自身が持つシャリシャリ感が適度に融合された時が食べ頃です。
パンに塗ったりヨーグルトに混ぜたりして食せば、きっと口の中に幸せが広がる筈です。

check

石垣島でシュノーケルができるツアー

Last update:2018/10/9