りんごのカロリー

りんごの豆知識

リンゴは低カロリーでダイエット向け

リンゴは、魔法の果実とされており料理に何でも使用することが出来る様な汎用性をもち、カレーなどには隠し味として投入される事もあり、非常に注目されています。
リンゴは、単体でも十分に美味しく食べることができ、低カロリーであるために夜に食べても太る事はありません。
その為に、最近ではリンゴダイエットと呼ばれるダイエットが行われており、一週間のうちに決められた個数を食べる事によって、お腹の調子を整え便秘を改善したりすることによって、健康状態を良くすることでダイエットを行っていきます。
カロリーが低いために、栄養素が全く含まれていないと思われがちですが、そういった事は無くビタミンCを多く配合しているために疲れた時には非常に便利な食品でもあります。
また、女性にとっては嬉しい美肌効果も期待出来るために、毎日の生活において時間があれば摂取出来る様なものでもあるために、自分が食べたい時に食べることで、少しでも健康的になる事が出来ます。

リンゴのカロリーはそんなに高くない

リンゴは約54kcal(100gあたり)で、100gはリンゴ約1/2個分に相当するようです。
ちなみにシュークリーム約245kcal(100gあたり)と比べたら、低カロリーのフルーツだと思います。
品種はたくさんありますがほとんどの品種の旬は9月中旬から10月下旬のものが多いです。
味は酸味が強いもの、甘みが強いもの、また調理に向いているものなどがあり、品種によって食べ方や調理法は様々です。
一番カロリーを低い状態で摂取には皮をむいてそのまま食べるか、すりおろして食べるか、何も加えずに果汁だけでジュースを作るなどの方法で摂取することです。
アップルパイのフィリング、焼りんごやジャムなどに加工すると材料に使う砂糖などの影響でカロリーは高くなりますが、火を通すと甘みが増したり食感が変わったりするので生のものとは別の味や食感を感じることが出来ます。
リンゴにはお腹を整える作用があるそうなので、適度な摂取は体調管理に一役買ってくれそうです。
そのまま食べる場合あごをよく使って咀嚼も促進されるので、顔の筋肉にもいい効果が出てくると思います。

pickup


廃車 埼玉


2019/9/5 更新